福岡市南区弥永の歯医者さんなら

とう歯科クリニック

〒811-1323 福岡県福岡市南区弥永4-2-3 C号室

診療時間:9:00~12:30/14:00~19:30

092-502-3534

休診日

日曜祝日と、木曜土曜の午後

妊婦歯科検診

妊婦歯科検診の必要性について

妊娠すると母子手帳を持つようになりますが、
中に、歯の状態を記入するページがあるのをご存じですか?
これは、妊婦さんのお口の中の健康を保つためだけでなく、生まれてくる赤ちゃんに悪い影響が出ないようにするために、歯をチェックする必要があるからです。

妊娠すると、虫歯になりやすいのですか?

妊娠すると、虫歯になりやすいだけではなく、歯周病にもかかりやすくなります。

理由としては、

  1. 妊婦のため、唾液が酸性になり粘っこくなる(歯垢が増える)
    (口の中が酸性になると、虫歯ができやすくなります。)
     
  2. つわりによって生活リズムが乱れる。
    (歯磨きの習慣が、不定期なつわりによって乱されてしまいます。)
     
  3. 歯ブラシを口の中に入れると気持ち悪くなる。
    (洗口液や歯ブラシのヘッドの小さいものを使うのもいいですよ。)
    (子供用の歯ブラシを使うのもいですね^^)

などが挙げられます。

妊娠すると歯茎がはれやすいの?

その通りです。

妊娠することにより、女性ホルモンが増加(プロゲステロンは炎症反応を増大させる)し、歯肉の状態が悪くなりやすいのです。よく『妊娠性歯肉炎』といわれます。

歯茎の色がピンク色でなかったり、丸みを帯びている場合は要注意です。また、ひどくなると膿がじわっと出てくることもあります。

対策としては、歯医者さんに行き、歯石取り&ブラッシング指導を行ってください。

PS:歯石には、2種類あります。ひとつは、1.縁上歯石 、もうひとつは2.縁下歯石です。

  1. 縁上歯石とは、色は白、黄色、肌色で、歯肉の上に見られる歯石です。
    歯肉の腫れの原因のため、スケーラーという器具で除去します。
     
  2. 縁下歯石とは、色は黒く、歯茎と歯の境目から歯の根元にかけて付着しています。
    この歯石がついているひとが要注意です。

    この歯石をしっかりとるためには、注射をしてスケーリングします。
    歯石の色が黒い=歯周病がかなり進行していると思ってください。

妊娠中は歯の治療はできないの?

安定期にはいったころから治療をされるのがよろしいかと思います。

つわりのひどい時期や流産の危険のある妊娠初期はなるべく避けた方がいいと思います。

また、当院では、デジタルレントゲンを使用しているため、通常のレントゲン写真に比べおよそ1/5〜1/10のX線照射で撮影が可能です。防護衣を着用し、撮影すれば、問題はないです。ただ、必要最小限の撮影でいくべきだと思います。

治療に際しても、妊婦さんの体調を第一に考えて行っています。
(椅子の倒す角度やこまめな休憩、ヘッドレストの位置など、)

出産されると、お子さんにつきっきりになり、自分のための時間がなかなか取れにくくなると思います。状態の悪いままで何年も放置しておくと、抜歯の可能性が高くなるので、早めの治療をお勧めします。